【奉優会】アルバイト・パート・契約社員・正社員 働き方インタビュー

働き方インタビュー

奉優会では、こんなスタッフが活躍しています!
経験者の方も、未経験者の方も、一緒に働く仲間を募集中!

介護の資格がない方、資格だけ保有していて介護施設での勤務が未経験の方。そんな方もご安心ください。奉優会では、色々なスタッフが活躍しています。
毎日イキイキとお仕事をしている先輩スタッフの声を一部紹介いたします。

応募する

お年寄りが大好き

優っくり小規模多機能介護中央湊
  • 事業所責任者

和田 直大

お年寄りが好きだと感じる時は、会話をしている時です。同年代の人としている会話とは全く違う、何とも言えない暖かい気持ちで会話ができるからです。何でも許してくれる雰囲気、絶対的な安心感。人生の先輩ならではの大らかさだと思います。仕事ではありますが、小さい頃におじいちゃんおばあちゃんに甘えていた時と同じ気持ちになったりします。そんな日々に、つくづくお年寄りが好きなんだと感じ、それを生業にできていることを最高だと思っています。純粋にお年寄りが好きだと感じると同時に、尊敬の対象でもあります。戦争を生き抜いた滲み出る器の広さを感じると同時に、言葉の一つ一つに重さを感じ、その頃を生き抜いてきたことに対して尊敬の念をいだいています。戦争に関する小説を多く読むようになったのも、そんな気持ちからだと思います。今後はケアマネジャーの資格を取り、小規模多機能型居宅介護の泊り・訪問・通いを駆使して、家族と本人の思いをどのようにバランスをとって法人のサービスに反映させるか、複雑だけれども楽しんで支援していきたいと思います。

子育て中の“パパ・ママ”

枝川地域包括支援センター
  • 保健師
  • 正職員

所 久美

平成24年に入職し、産前産後休暇~育児休業を取得しながら継続勤務、現在4歳の息子の子育てに奮闘しつつ、9時~17時の時間短縮勤務中です。息子を授かってからも「子育てしながら仕事は続けたい」と思っていたし、あまり不安はありませんでした。が、実際休んでみると不安が強まってきて…。ちょうど介護保険制度の改正や総合事業スタートの時期だったこともあり、予定よりちょっと早めに復帰させてもらいました。奉優会のサポート制度は、色々活用させてもらっています。たとえば「For優キッズサポート」。認可保育園の費用との差額分を援助してくれる制度でとても助かりました。時間短縮勤務中についても、上司・同僚の協力には感謝感謝です。限られた時間の中でも、責任ある仕事も任せてもらえていますし、申し訳ないな~という気持ちと、だからこそ「責任をもってやりたい」という気持ちで取り組んでいます。今後もまだまだやりたいことだらけです。看護師の資格を活かし、医療と連携して認知症の専門性を極めたい!介護予防事業を通して、地域の皆さんの健康意識を高めたい!子育て中でも、職員のサポート制度が充実していて、研修の機会が多い奉優会でなら自分のビジョンを達成できると思っています。ジョブローテーションが多いのが不安という方もいるかもしれませんが、私は異動を経験して視野が広がったのでプラス面の方が大きいと感じています。

学生の皆さん

公共サービス事業部 練馬区立はつらつセンター豊玉
  • 総合職
  • 正職員

本澤 樹理

学生アルバイトを経験したのち、新卒で入職しました。特別養護老人ホーム、小規模多機能介護の介護職を経験し、結婚・出産を経て、雇用形態を正職員から契約職員に変更。現在は練馬区の高齢者センターの総合職として、介護予防に携わっています。学生時代アルバイトしてみようと思ったのは、電車の網棚に置いてある求人誌に「短時間OK」と書いてあったからなんです(笑)。社会福祉学科の学業と両立し「お金ではなく経験を稼ぐ」ためでもありました。1日4~5時間、学校のスケジュールによって週5日だったり、1日だったり。シフトを考慮してくれて働きやすかったことと、職員に誠実に向き合ってくれる当時の上司のいる法人で働きたいと思い、そのまま新卒として入職しました。結婚・出産の際も辞めることは考えませんでした。色々な働き方があり、どんどん拠点を増やして、夢を実現する職員が増えている奉優会に未来を感じています。息子が小さい時期はシフトの融通が利かせやすいので契約職員に雇用形態を変更してもらいました。子育てが落ち着いてからは正職員に戻って現在は主事としてバリバリ働いています。これからも長く勤めていきたいです、奉優会での仕事が好きなので…!

何歳になってもチャレンジ

特養事業部 特別養護老人ホーム等々力の家
  • 事務職
  • 契約職員

土屋 二三雄

"電気関係の学校に通い、電機や機械設計のことを学び、自分でコンサルタントの会社を起業していました。オイルショックや大手企業の方針転換などで仕事が減り、転職しようと考えていた時、等々力の家の前に掲示されていた講習に参加したのが、等々力の家との出会いです。そのままドライバー兼設備保守として仕事を始めて、17年以上勤めていますが現在は運転免許証も返納して、設備保守に専念しています。74歳を超えても長く続けられるコツは、社交ダンス、孫のお迎えなど、プライベートを充実させること。社交ダンスでは、自らサークルの講師として活動しています。それによって、仕事も頑張ることができています。それともう一つ大事なことは、仕事で目標・計画を持ってやっていくこと。いずれは等々力の家に太陽光発電の設備を設置したい、という大きな夢を持ちながら日々取り組んでいます。明るく、元気に、前向きに。これからもまだまだ仕事と趣味に取り組んでいきます。"

無資格未経験の方

優っくり事業本部 優っくり小規模多機能介護下馬
  • 介護職
  • 主任

市宮 雄也

もともとは調理の仕事をしていたのですが、子供の頃からおじいちゃんおばあちゃんが好きで、介護の仕事に興味を持っていました。そこに、東京都の働きながら無料で資格が取れる事業の求人を見つけ、思い切って飛び込んだのが約4年前です。現在は実務者研修を取得し、介護福祉士を目指しています。奉優会に応募したのは、ホームページをみて楽しそうな雰囲気だったから。通い・訪問・宿泊のある小規模多機能のお仕事は大変そうと言われますが、刺激が感じられそうと思い、あえて選びました。仕事は順調に覚えられましたが、3~4ヶ月たって認知症の方の対応に悩んでしまって。でも上司に「どんどん失敗して学びなさい」と言っていただいたんです。おかげさまで希望していた正職員に昇格することもでき、その際にも「リーダーだからって気負わず、わからないことは経験の長い職員から聞けばいい」と声を掛けてもらいました。本当に上司に恵まれているな、と思います。今は、ご利用者一人ひとりと向き合ったケアができることにやりがいを感じながら働いています。奉優会では、事例研究発表会などの頑張った職員を評価してくれる制度や、子育てや介護をしながら働く職員をサポートする制度も充実しています。そんな奉優会でこれからも頑張っていきたいと思います。

通所事業部 奉優デイサービス川崎有馬
  • エリアマネージャー 兼 事業所責任者

古林 美重

車の運転が好きで、前職では運搬の仕事をしていました。でも、2人目の出産と事業所移転が重なり、転職しなければならなくなりました。もともと保育園で仕事をしていたこともあり、児童・障害・高齢者施設のいずれかで働きたいと考えていましたが、おじいちゃん子、おばあちゃん子だったこともあり、直感的に高齢者の施設で働くことに決めました。ちょうどその時に見つけた、東京都の働きながら無料で資格が取れる事業で奉優会へ入職し、資格を取得しました。仕事を始める時、子供が小さいことが心配でしたが、周りの皆さんに助けられ、事業所責任者へとキャリアアップしていくことができました。今思うと、自分一人の力では無理だったと思います。この介護業界はすべてが人との関わりです。表情・会話ひとつで満足しているのか、不満に思っているのか、辛い・悲しい・楽しい、そのすべてを見ることができ、やりがいがあります。事業所責任者としてのプレッシャーはありますが、自分の理想の事業所を目指し、職員と一丸となって取り組んでいます。良いことも、悪いことも、わからないことも、すべてを伝えることで団結力が強まっていくと思っています。それが事例研究発表会の最優秀賞をいただいたことへ、つながっていったのではないかと思います。デイサービス一筋でやってきましたが、まだまだ知らないことが沢山あります。入職から約10年、現在は自事業所だけでなく、近隣事業所も含めエリアマネージャーとして、マネージメントにも力を入れています。

介護福祉のエキスパート

通所事業部 目黒区田道地域密着型デイサービス
  • 介護職
  • 副責任者

鈴木 君枝

平成15年、ひがしデイサービスに契約職員として入職。子供に手がかからなくなったタイミングで正職員にキャリアアップ。デイサービスひと筋、経験年数は17年目となり、事業所の立ち上げも経験し、育成委員会として事業部全体の人材育成に携わっています。以前、管理者へのキャリアアップの声をかけていただいたのですが、自分の進みたい道と違う気がして…。多少後ろめたい気持ちや迷いが芽生え始めた時、厚生労働省の「介護プロフェッショナル キャリア段位制度」がスタートし、介護技術指導・評価員としてアセッサー資格を取りました。介護職員を標準的なものさしで育成できること、奉優会の人材育成のしくみ作りに関われることを嬉しく感じています。 現在は、自身もアセッサー4段を取得し、後輩の育成に力を入れています。

居宅事業部 弥生の園居宅介護支援事業所
  • 事業所責任者

臼井 充栄

平成24年入職。訪問介護~介護福祉士取得~身内の介護を経験し、ケアマネジャーを資格取得。地域包括支援センターから有料老人ホームのケアマネジャーを経て、現在居宅の事業所責任者として勤務しています。ヘルパーとして、ケアマネジャーのプランに沿って働いている中で思うところが多々あり、もっと勉強したいという想いを持ち始め今に至っています。もともとお年寄りが好きで介護という仕事が肌に合っていると思い、色々経験してきましたが、現在の居宅の仕事が一番楽しいかな。出会いがあり、お宅を訪問してご利用者様やヘルパーさんのお話を伺える素敵な仕事です。今の職場・環境もとっても快適なんです。信じて任せてくれる上司、個性がありながら干渉しすぎない同僚。意見を聞いてくれ、学びたい職員にはどんどんステージを用意してくれる。求められることも高いので、少ししんどいですが…。これは法人のカラーだと思います。停滞せず成長し続けることができるのではないか…楽してのんびり働きたい方とか、積極的ではない方には辛いかもしれません。私自身もいい意味で変わったと思います。今このページを見てお仕事を探していらっしゃる方には、「いくつになっても夢は叶う」とお伝えしたいです。私の職場である弥生の園には、社会福祉士などの実習生も多く来てくれるのですが、先日の実習生は60代の方だったんですよ。刺激を受けました。今後は主任ケアマネジャーの資格も取得できたため、地域貢献についても学び実践していきたいと思っています。

あなたもぜひ、奉優会でキラキラ、イキイキとお仕事しませんか?
少しでも興味をお持ちの方は、まずお気軽にご応募ください。一緒に働ける日を楽しみにお待ちしております。

応募する
  1. < 介護・福祉・ケアサービス 奉優会の求人情報トップに戻る